HOME |
□ 会館からお知らせ □
 

2階ホールに電子ピアノが入りました♪
(2017年2月23日)

 この度、新たに2階ホールにカシオの電子ピアノ、CELEVIANO AP75が入りました。寄贈下さったのは、井藤英治氏さんです。
 電子ピアノですので、ピアノ以外の楽器の音も出せますし、音響設備に接続して使用する事も出来ます。また、比較的軽量ですので、移動も簡単に行えますし、ステージ上で演奏する事も出来ます。
 利用を希望される際は、会館管理室までお申し出下さい。使用料は無料です。ご利用、お待ちしております!


哀愁のメロディを奏でるピアノマンが一人…


2017年全館新春昼食懇親会を開催
(2017年1月11日)

 1月11日、2階ホールにて新春昼食懇親会が開催され、館内外から約160名が参加する賑やかな会となりました。
 はじめに小田川財団理事長より「昨年は米大統領選など、一国主義の台頭があった。今年はより激しい情勢の変化が予想されるが、その流れに抗する大きな運動を目指して奮闘しましょう」との挨拶がありました。
 民医連の岸本事務局長による乾杯後は各団体と友誼団体等の決意、新人紹介となり、その後食事をしながら和やかに交流が行われ、救援会中央の望月副会長の中締めの挨拶で終了しました。
 ご参加いただいた皆さん、会場準備に協力いただいた運営委員・友誼団体の方々、大変お疲れ様でした。また、ケーキ、フルーツ、日本酒など差し入れをいただきありがとうございました。本年もよろしくお願い致します。


新年の挨拶を述べる小田川理事長


今年は160人参加で大盛況でした


空調設備更新工事、終了しました
(2016年12月12日)

 皆さんのご協力で、空調設備更新工事は予定通り終える事が出来ました。皆さんのご協力に心より感謝いたします。
 今回の工事で、全館の空調の性能が上がり、省エネ効果も格段に上がり、経産省からの補助金も受ける事が出来ます。
 各エアコンの四方向のルーバーも個別に風向きを変える事が出来ますし、2階ホールの空調は、前方・中央・後方に分かれ、細やかな温度設定が出来る様になりました。使い方等、不明の点がありましたら、管理室までおたずね下さい。


10月24日深夜、荷重可200tクレーン車で屋上室外機交換作業


全館防火防災訓練を行いました
(2016年10月5日)

 10月5日の全館防火防災訓練には約80名が参加しました。
 大震災発生、ケガ人搬出、出火、初期消火、全館避難の想定で行い、その後バックヤードでの消火器・消火栓での消火訓練、2階ホールでの救命救急士によるAED操作訓練および担架搬送訓練が行われました。
 今回も皆さんの協力のお陰もあって成功に終わりました。特に消防署からは、優秀な訓練内容であった旨の評価を頂きました。ご協力ありがとうございました。


2016年全館新春昼食懇親会を開催
(2016年1月13日)

 毎年恒例となった全館新春昼懇談会懇談会が、今年も盛大に開催されました。今年は、新春行動を行う団体もあり、参加人数は130名と少なめでしたが、開館15周年記念の表彰式も行われ、盛会となりました。。
 はじめに小田川財団理事長から「昨年、安倍政権により戦争法案が強引に通されたが、それが国民全体の総意とは思えない。来る参院選はこの国の行く先を決める重要な選挙、全力で闘おう」との挨拶がありました。
 民医連の谷口事務局次長の乾杯挨拶のあと、開館15周年を記念して、財団に功労のあった、坂内前理事長、藤田前常務理事、有限会社ユタカサービス、平和電気K.Kの2名2社を表彰いたしました。
 その後、館内各団体より新年の抱負と新人紹介があり、原水協の安井事務局長の中締めの挨拶で終了しました。
 ご参加いただいたみなさん、会場設営に協力いただいた運営委員・友誼団体の方々、ご協力ありがとうございました。ケーキ、フルーツ、お酒等の差し入れをいただき、ありがとうございました。


新年の挨拶を述べる小田川理事長


表彰を受ける4氏。盛大な拍手が送られました


今年も、ともにがんばりましょう!


全館防火防災訓練を行いました
(2015年10月7日)

 10月7日の全館防火防災訓練には約110名が参加し、大震災発生、ケガ人搬出、出火、初期消火、全館避難の想定で行い、その後バックヤードでの消化器・消火栓での消火訓練、2階ホールでの救命救急士によるAED操作訓練が行われました。
 今回は初めて、2・3・8階会議室にも会議参加者がいる想定で訓練を実施しましたが、皆さんの協力のお陰もあって成功に終わりました。ご協力ありがとうございます。




玄関看板の設置、始めました
(2015年4月22日)

 この度、2階ホール全体を利用する催し物向けに、遠目から見て開催会場が一目で分かる、大型の玄関看板を希望により有料にて設置いたします。料金は印刷代込みで3000円です。詳しくは、管理室までお問い合わせください。




今年も盛況!全館新春昼食懇親会
(2015年1月13日)

 1月7日、2階ホールにて恒例の新春昼食懇親会が開催され、館内外から約160名が参加する賑やかな会となりました。
 はじめに坂内財団理事長より「先の選挙の結果、安倍ネオナチ政権は、憲法の成文改悪に向けてより力を強めており、それを阻止するために全力をもって闘わねばならない」との挨拶がありました。
 全労連の小田川議長による乾杯後は財団と各団体の決意、新人紹介となり、その後食事をしながら和やかに交流が行われました。
 今回は、各団体別でなく、年代別に抽選で席についてもらい、他の団体の方々と交流して頂ける様に工夫をしました。
 ご参加いただいた皆さん、会場準備に協力いただいた友誼団体の方々、大変お疲れ様でした。また、ケーキ、フルーツ、日本酒など差し入れをいただきありがとうございました。
 本年もよろしくお願い致します。


新年の挨拶をのべる坂内理事長


館内団体、友誼団体から差し入れを沢山いただきました


全館防火防災訓練、ご苦労様でした
(2014年10月15日)

 10月8日に行われた全館防火防災訓練は、約80人が参加し、今回は初めて2階ホールにて100人規模の会議が行われている設定で訓練が実施され、充実したものになりました。
 今回の訓練も例年通り、大震災発生、ケガ人搬出、出火、初期消火、全館避難の想定で行いました。バックヤードでは消火器・消火栓の使用方法の訓練を行ったあと、2階ホールにて救命救急士による三角巾を用いた応急処置とAED使用方法の解説を受け、訓練しました。また、帰宅困難者対策の訓練も行い、備蓄食糧の配布も行いました。
 今回も、参加者全員、機敏かつ整然と訓練が出来ました。皆さん、ご苦労様でした。


今回は消火栓も投入!


みんな真面目に操作を練習しました


今年も開催!全館新春昼食懇親会
(2014年1月16日)

 1月8日、2階ホールにて新春昼食懇親会が開催され、館内外から約160名が参加する賑やかな会となりました。
 はじめに坂内財団理事長より「過去最多得票で当選した猪瀬都知事が、過去最速で退任し、新年早々に都知事選が行われます。新たな決意で我々の運動が前進するよう奮闘しましょう」との挨拶がありました。
 民医連の長瀬事務局長による乾杯後は財団と各団体の決意、新人紹介となり、その後食事をしながら和やかに交流が行われました。
 今回は日本美術会の山中さんが、素敵なピアノ演奏をして下さいました。また、日本原水協の前川君が、今年9月に2階ホールにて結婚祝う会を行うとの発表があり、大いに盛り上がりました。
 ご参加いただいた皆さん、会場準備に協力いただいた運営委員の方々、大変お疲れ様でした。また、ケーキ、フルーツ、日本酒など差し入れをいただきありがとうございました。
 本年もよろしくお願い致します。


新年の挨拶を述べる坂内理事長


放射能を浴びたX年後』上映会
(2013年12月19日)

 12月5日「放射能を浴びたX年後」の上映会が館内外の有志による実行委員会主催でおこなわれました。(全労連会館が後援)
 アメリカの水爆実験で、第五福竜丸以外の遠洋漁船や貨物船、収穫した魚も放射能に汚染され、さらに日本全体も汚染されていた。しかしその事実は政府によって覆い隠されされていた事件の映画でした。
 上映後には、現役のテレビディレクターである伊東英朗監督が挨拶し、若手とのトークの時間も持たれました。原発事故での被害が過去のものとされないためにも、みんなで運動し続けることが大事とのことでした。
 おりしも秘密保護法が強行採決される中、たくさんの人に見に来ていただけたのが心強いです。


上映後の伊東監督、次はアメリカの大学で上映するとのこと


全館防火防災訓練、ご苦労様でした
(2013年10月10日)

 10月2日に行われた全館防火防災訓練は、あいにくの雨にも関わらず約100人が参加し、新しい内容を含め充実したものになりました。
 今回の訓練も例年通り、大震災発生、ケガ人搬出、出火、初期消火、全館避難の想定で行いました。今回は雨の為、バックヤードではなく2階ホールで消火器の使用方法の訓練および消火栓の使用方法の解説があったあと、救命救急士による三角巾を用いた応急処置とAED使用方法の解説を受けました。また、帰宅困難者対策の寝具なども出し、備蓄食糧の配布も行いました。
 今回で通算8回目の訓練となりましたが、参加者全員、機敏かつ整然と訓練が出来、指導に来られた消防署員の方からも「大変良く行われました」との評価を得ました。皆さん、ご苦労様でした。


今回、新しくストレッチャータイプの担架を投入しました


雨のため2階ホールで真剣に消火訓練


会議室予約状況がホームページで見れます
(2013年6月1日)

 会議室の空室状況を6月1日より当館ホームページでご覧頂ける様にします。

http://www.zenrouren-kaikan.jp/riyo_yoyaku.htm

 空室状況は6ヵ月先までで、更新は毎日午後8時に行う予定をしております。先に予約が入っている所は「*」印が付けられ、貸し出し出来ない所は「網掛け」がしてあります。なお予約方法はこれまでと同様、電話で空き状況を確認の上、申込書を提出するかファックスでお送り下さい。
 皆さんのご活用をよろしくお願いします。

=会場申し込み=


毎日午後8時頃更新します
空欄でも先約が入っている場合が御座います
ご了承下さい


会館リーフレットを新調しました
(2013年4月25日)

 この度、平和と労働センター・全労連会館をより多くの皆さんに、より良くご利用頂けるように、会館リーフレットを新しくしました。当ホームページにもPDFファイルを掲載いたしましたので、ご覧下さい。ご不明の点やお尋ねになりたい事がありましたら、気兼ねなくお問い合わせ下さい。




ホールでの録音とっても便利に
(2013年3月21日)

 ホールでの録音は、今までカセットテープのみでしたが、この度新規に購入したデジタルレコーダーはUSBメモリーやSDカード等に直に録音が出来ます。
 マイクの音を途切れなく高音質に録って、MP3データとしてすぐにパソコンに移せます。これからもICレコーダーやカセットでも録音も出来ますが、さらに便利になります。


さっと差し込みぱっと録音!アナタも実感!


全館新春昼食懇親会にピアノ演奏で華
(2013年1月17日)

 1月8日、2階ホールにて毎年恒例の新春昼食懇親会が開催され、館内各団体や協力会のメンバー等約160名が参加する賑やかな会となりました。
 はじめに坂内財団理事長より「今回の選挙は残念な結果に終わったが、我々の主張こそ国民の要求に適っていた。今年新たな決意で我々の運動が前進するよう奮闘しましょう」との挨拶がありました。
 民医連の長瀬事務局長による乾杯後は財団と各団体の決意、新人紹介となり、その後食事をしながら和やかに交流が行われました。
 今回、新しくホールに入ったピアノの紹介も兼ねて、ピアニストの本間有紀さんによる本格的なピアノ演奏も行われました。
 ご参加いただいた皆さん、会場準備に協力いただいた運営委員の方々、大変お疲れ様でした。
 今回もケーキ、フルーツ、日本酒など差し入れをいただきありがとうございました。
 本年もよろしくお願い致します。


新しい年に向けての挨拶を述べる坂内理事長


ショパンの「革命」などの演奏が宴に華を添えました


全館防火防災訓練、参加ご苦労様でした
(2012年10月12日)

 10月3日の全館防火防災訓練には約120名が参加しました。
 今回は、大震災発生、ケガ人搬出、出火、初期消火、全館避難の想定で行いました。
 その後、バックヤードでの消火訓練、2階ホールでの救命救急士による応急処置とAED操作訓練が行われました。
 また今回は、帰宅困難者対策として、宿泊用の寝具なども出しました。
 忙しい中、多くの参加、本当にご苦労様でした。


重傷者を搬送訓練中の迫真のショット


AEDの操作法が改定され、みんな真剣に訓練しました


消防署の立入検査、無事に終了

 防火防災訓練の後に行われた消防署の立入検査は、注意された点は、9階上の喫煙所やカーテンの防炎マークの不備など、若干ありましたが、事前の皆さんのご協力により、各団体への注意や改善勧告はありませんでした。ご協力、有難うございました。


二階ホールにピアノが入りました!
(2012年10月10日)

 10月より2階ホールにピアノが入りました。
 広いカリンの床が反響して抜群の音響を誇る当ホール、「ピアノがあったらいいのに」という声は今までも寄せられていました。
 それがこの度実現!ホールでの催しの幅も広がりそうということで管理室一同喜んでいるところです。
 寄贈して下さったのは、我孫子革新懇代表世話人で伊藤千代子の会(在京)副会長、歌人でもある松原勝氏です。
 調律等定期的なメンテナンスが必要なため料金を設定しての貸し出しを予定しています。


哀愁のメロディを奏でるピアノマンが一人…


新プロジェクターとワイドスクリーンの導入で
高画質ホールに
(2012年8月8日)

 故障によりしばらくご迷惑をおかけしていました2階ホールのプロジェクターですが、修繕を期に最新鋭機に更新しました。
 明るさが増したのはもちろん、スクリーンもワイド型を採用し、後方席からも見やすくなりました。
 従来ですと、前方の照明を暗くしての投影でしたが、新機種は部屋を明るくしたまま投影できますし、部屋を暗くすれば映画観並みの迫力です。益々使いやすいホールで皆様のご利用をお待ちしています。


エプソンEB-945W
今までよりも薄型で目立たず、明るさは3000lmから4200lmにアップ


新しいパソコンや映画に対応するオーエス社製170インチワイドスクリーン


今までのプロジェクターは、館内貸し出し用に保管しています
こちらもお気軽にご利用下さい


全労連会館が4月1日より「公益財団法人」に!
(2015年6月15日)

  法人制度の改革により、全国の財団(社団)法人が「公益法人」になるのか、「一般法人」になるのかが求められ、全労連会館は、公益財団法人をめざして、昨年11月内閣府に「公益財団法人移行認定申請書」を提出していましたが、2月23日の「内閣府公益認定等委員会」において公益法人の「認定の基準に適合する」との答申が出されました。

 全労連会館は、4月1日「財団法人全労連会館」を解散登記し、同日「公益財団法人全労連会館」を設立登記しました。これからも、さらに公益財団法人全労連会館が、多くの国民のための公益的活動としても発展するよう、奮闘いたします。




ソフトバンクWi-Fiスポット導入しました
(2012年4月27日)

 この度、当館1〜3階にソフトバンクWi-Fi(無線LAN)スポットが導入されました。
 ソフトバンクのスマートフォン、iPad、Wi-Fi対応ケータイ利用の方は、設定をすれば接続可能です。
 設定方法は、ソフトバンクHPを調べるか、管理室へお問い合わせ下さい。
 ソフトバンク以外をご利用の方は、従来の会館無線LANをご利用願います。




2012年全館新春昼食懇親会を開催
(2012年1月11日)

  1月11日、当館2階ホールにて毎年恒例の新春昼食懇親会が開催され、館内各団体や協力会メンバー等合わせて170名と、昨年を上回る参加で賑やかな会となりました。
 はじめに坂内財団理事長より「昨年は震災に明け暮れた年だったが、今年は干支にちなみ登り龍のように飛翔する年にしよう」との決意が語られました。
 民医連の長瀬事務局長による乾杯後は各団体の決意と新人紹介となり、その後食事をしながら和やかに交流が行われました。
 また今回はメイン看板も昨年から大きくイメージチェンジしたキュートなものになりました。まさに「転換の年」に相応しい出来で多くの方に大好評でした。
 ご参加いただいた皆さん、会場準備に協力いただいた運営委員の方々、大変お疲れ様でした。
 今回もケーキ、甘納豆、日本酒など差し入れをいただきありがとうございました。
 本年もよろしくお願いたします。


新年への意気込みを語る坂内理事長


楽しい語らいにお酒も進みます


開館10周年記念レセプション
(2011年6月1日)

 6月1日、2階ホールと1階ロビーにて、開館10周年記念レセプションが行われ、100余団体約250名の参加で大きく成功しました。前日は記念映画会『いのちの山河』が行われました。今回の映画会には町内会(湯島会)からも多数の参加がありました。当日ご参加の諸団体の代表の皆さん、館内の皆さん、ご参加ご協力いただき、ありがとうございました。




全館防火防災訓練を行いました
(2011年5月26日)

 5月26日の全館防火防災訓練には約120名が参加し、大震災発生、ケガ人搬出、出火、初期消火、全館避難の想定で行い、その後バックヤードでの消火訓練、2階ホールでの救命救急士による応急処置とAED操作訓練が行われました。東日本大震災後2ヶ月半という事もあり、みんな真剣に取り組みました。




東日本大震災・当会館からも支援続々
(2011年4月1日)

 3月11日に発生した東日本大震災は、死者・行方不明者2万8,000人以上という大きな被害をもたらしました。館内団体加盟組織の施設も大きな被害を受た所もあり、犠牲者も出ています。
 現在、国内外で被災地に対する大きな支援の輪が広がっています。全労連会館からも、民医連、全労連や国民救援会、原水協などから救援隊が、連日続々と被災地へ出発しております。
 当館では、救援物資の保管や救援隊の集合場所となり、被災地支援の募金箱も署名コーナーに設置しました。館内では節電等も行っており、皆さんのより一層のご支援ご協力をお願いいたします。




全館新春昼食懇親会160名で賑々しく開催
(2011年1月11日)

 1月11日会館2階ホールにて、毎年恒例の新春昼食懇親会が開催されました。
 館内各団体他、ユタカサービス、平和電気、中央労金などの外部からの参加もあり総勢約160人での賑やかな会となりました。
 冒頭では坂内財団理事長より、うさぎ年にちなんで躍進への決意が力強く語られました。民医連の長瀬事務局長による乾杯後は懇親会となり、お酒を飲みながら団体の枠を越えて和やかに交流が行われました。
 各団体の決意表明、新人紹介では、民医連の9人をはじめ多くの新人が紹介され、新春に相応しいエネルギーを感じました。各団体代表からも今年の抱負がユーモアを交えて語られ、最後まで盛況な雰囲気のなか、閉会となりました。
 ご参加いただいた皆さん、会場準備に協力いただいた運営委員の方々、大変お疲れ様でした。また、差し入れ頂いたケーキが今回は特に好評でした。来年も多くの方々の参加と差し入れをお待ちしています。本年もよろしくお願いいたします。




ブルーレイプレーヤーが入りました
(2010年9月22日)

 2階ホール音響室にブルーレイプレーヤーが入りました。ブルーレイディスク及び、地デジやハイビジョン等を録画したDVDも、これからプロジェクターで再生出来ます。
 また、1階ロビーのテレビには、地デジチューナーが取り付けられ、地デジ放送をご覧頂く事が出来る様になりました。




キャンセル料徴収のお知らせ
(2010年3月4日)

各団体、労働組合
 事務局長・書記長  殿

 日頃、「平和と労働センター 全労連会館」のホールや会議室をご利用いただき、ありがとうございます。また、当会館を利用の際には、後片付けなどにご協力いただいていることに対し、改めて感謝を申し上げます。
 当会館のホール(約200人収容)と会議室(5部屋)は、各団体のご利用・ご協力により、利用状況は4割以上となる月もあるなど、益々その役割が高まっています。
 と同時に、最近は「キャンセル忘れ」などにより、本来利用できるホール・会議室が利用できない例も増えており、その改善が求められています。この様な状況を改善する上では、申し込みの確認と取り消しの際の確実なキャンセル手続きが是非必要であり、これらを徹底するためにも「キャンセル料徴収」の提起をしたところです。
 当会館では、これまでキャンセルがあった場合にも、キャンセル料等は取らないできていましたが、館内の各団体との約4ヶ月の討議の結果、下記の様な内容で、新年度(2010年4月)から「キャンセル料」を取ることを「理事会」で決定しましたので、ご連絡し、ご協力をお願いする次第です。

「キャンセル料」

  1. 2階ホール
    「2週間前」2割、「1週間前・前日」5割、「当日・キャンセル忘れ」全額、(変更を含む)
  2. 304・305号室
    「1週間前」2割、「前日」5割、「当日・キャンセル忘れ」全額
  3. 301~303号室
    「当日・キャンセル忘れ」全額

※「2週間前」=8日~14日前、「1週間前」=2~7日前
※「ただし、天災など主催者の責任ではない中止・キャンセルの場合は徴収しない」
  


キャンセル表

2010年3月
財団法人 全労連会館
常務理事 池田 寛


2010年全館新春昼食懇親会
(2010年1月7日)

館内外から163名参加。新年の決意新たに
 1月7日昼、毎年恒例の全館新春昼食懇親会が当館2階ホールにて開催されました。
 懇親会には、会館勤務者や関係業者など163名が参加、会館運営委員長の渡辺さんの司会進行で始まりました。坂内財団理事長が新年の挨拶と豊富を述べ、入居団体を代表して、大黒全労連議長が挨拶、昨年新設された顧問の紹介を藤田財団副理事長が行いました。
 顧問の杉浦正男さんからは「自分は今年8回目の年男。多くの若い人達が参加しているのを見て、とても嬉しい」と述べられました。乾杯の挨拶を、長瀬民医連事務局長が行い、高草木原水協事務局長の中締めの挨拶まで、入居団体の決意・紹介など大いに懇親しました。


防災訓練やりました
(2009年5月13日)

 5月13日、会館勤務者や在館者など約100名の参加で「防災訓練」が行われました。
 今回は大震災発生→火災延焼&重軽傷者発生→避難といった、ちょっとボリュームのある想定で訓練を実施しました。
 午前10時30分、緊急地震速報を受信(の設定)、ただちに全館放送、その直後に震災発生(の設定)。
 その後、6階給湯室にて火災発生(の設定)直ちに各階消火係が集合、消火作業を行うも延焼。本部の指示に従って、在館者がバックヤードに避難しました。
 避難訓練終了後、バックヤードでは消火器の使用法のレクチャーを受け、その後、2階ホールに集合して会館にも導入されたAEDの使い方を受講して、最後に本郷消防署の皆さんから講評を頂いて今回の防災訓練は無事、終了しました。


AED(自動体外式除細動器)を設置しました
(2009年4月2日)

 当会館の一階ロビーにAED(自動体外式除細動器)を設置しました。会館勤務員や来館の皆さんのほか、近隣の方々も、緊急の際は気兼ねなくご活用下さい。

《使用可能時間》
 09:00~21:00
 年中無休。ただし年末年始を除く。


産別記念・労働図書資料室
ホームページ開設のお知らせ

(2008年7月1日)

 日頃の皆さんの御奮闘に敬意を表します。
 これまで「産別記念・労働図書資料室」は当ホームページの一コーナーとして取り扱ってきましたが、この度、内容を大幅にリニューアルの上、独立させ、あわせて掲示板も開設しました。それにともない、事業活動内の学習教材のコーナー、活動レポート内の図書資料室関係のレポートも労働図書資料室のホームページに移設しました。

 今後も、当ホームページをご愛顧くださると共に、産別記念・労働図書資料室ホームページへのご支援をよろしく御願いいたします。


新春のご挨拶
(2008年1月4日)

 全国の熱い期待をになって出発した当会館は、激動の今年もその役割を担うべく、決意新たに新春を迎えました。
 労働者・国民のたたかいに貢献する会館と皆さんとの協力・共同のさらなる前進を希って。

憲法9条・平和と民主主義を守り
生活向上のたたかいの
さらなる前進の年に!


平和と労働センター・全労連会館
ホームページver.2

(2007年9月2日)

 長らくお待たせしました、「平和と労働センター・全労連会館」ホームページ・バージョン2をアップします。
 当ホームページは、2002年5月に公開以来、会館の情報をカガミ張りでお知らせする役割を持ってまいりましたが、さすがに「もうちょっと凝った方が良いんじゃないの?」と反省いたしまして、見栄えを少々良くし、見に来て下さった方が少しでも楽しんでいただける様な内容に改めました。また、バージョン1が「全然更新してないじゃん」とのご指摘に真摯に反省し、今後は可能な限り更新し、一度ご覧になった方が、引き続き見に来て下さる様なサイト作りを心がけるよう努力したいと思っております。
 このホームページが、平和と働く者の権利を守るたたかいに奮闘する多くの人に楽しんでいただけるよう、頑張って参ります。今後とも、会館共々よろしくお願いいたします。

 

■お問い合わせ
 会館のご利用に関するお問い合わせは、下記までお電話下さい。

平和と労働センター・全労連会館
管理事務所 03-5842-5610

会場利用案内はこちら

公益財団法人全労連会館
〒113-0034東京都文京区湯島2-4-4 TEL:03-5842-5610 FAX:03-5842-5609